ウレタンのプロに聞いてみた vol.05「知られざるまくらの役割と性能」

2019年12月29日 | ウレタンのプロに聞いてみた!

睡眠の質にマットレスがとても重要なものであることは、これまでのコラムでもご紹介してきましたが、枕にも睡眠を左右するとっても重要な役割があるの、ご存知ですか?

今回のウレタンのプロでは、知られざる枕の役割と性能についてお伺いしてきます。

 

人がバランスよく歩くためには、発達した脳を持つ重たい頭を支える必要があります。直立時の人を横から見た時に、S字状にカーブしているのが正しい姿勢です。それは、身体が進化する中で、体重を支えるのに最も無理のない姿勢であり、筋肉の疲労もなく、脊髄などにかかる負担も一番軽い状態です。

一番楽な姿勢ということは、寝ている間もこの自然なS字状を保つ姿勢になることが大切になります。その為には、S字の基点となる頭と首が無理なく支えられ、寝ている間も立っている時と同じ姿勢を保てるよう、まくらには、マットレスと頭・首の隙間を埋めることができる高さと形状が必要。選ぶポイントは4つ、<高さ><硬さ><素材><形状>です。

高さが調節できるものや、頭の形状や寝姿勢などを計測して、自分自身に合ったまくらをオーダーメイドする人も増えています。

また、最近の枕は、頭を載せる枕だけでなく、抱きまくら、足まくら、足指まくら、腰まくら、昼寝用まくら、携帯まくら、首まくら、アイピローなど様々な目的に合わせたまくらも。それぞれの用途に合わせてプラスしてもいいかもしれません。

そして、自然な寝姿勢には、まくらだけでなく、自分の体重・体型に合ったマットレスを選ぶことも重要です。

フレアベルで今月新発売のピローは温度調節できる素材サーモフェーズ®と187個の通気孔によって、就寝時の頭部付近の温度環境を快適になるよう調節し、深い良質な睡眠へと導いってくれるスペシャルピロー。発売中のマットレスに合わせた弾力性と高さに加えて、幅60cm長さ40cmのゆったりサイズに設計されています。

https://www.achilles-freabell.jp/lineup/pillow.php

 

次回のウレタンのプロに聞いてみたでは、枕とマットレスや敷き布団の組み合わせについて詳しくご説明いたします。